日々のできごと

カンディンスキーとシェーンベルク

 ←ドキ!っとしました →祇園祭の雰囲気だけ(^_^;)
カンディンスキー
兵庫県立美術館で
ドイツのモダンアート『青騎士』とカンディンスキー展を
見てきました。
(アップするのがずいぶん遅くなってしまいましたが・・・)
カンディンスキーは20世紀初めミュンヘンで
美術界に新風を吹き込んだ『青騎士』を結成、活躍した
ロシア人画家。
キュビズムやフォビズムとか説明を受けても
絵具を満艦飾にぶちまけたようなアートを
どう感じたらいいのか???だった私にとって
今回の展覧会で、初期の作品からだんだん
モダンアートに進化していく過程がよくわかって
とても興味深かったです。
特にコンサートで聴いた
シェーンベルクの無調音楽『3つのピアノ曲』に
感動して描いた『印象Ⅲ(コンサート)』は
実際に曲も聴くことも出来たので
おもしろかったです。

カンディンスキーコンサート


黒い大きなグランドピアノ、聴衆
そして強烈な黄色は迫りくる音楽の印象だそう・・

ずいぶん前になりますが
NY近代美術館
神谷先生がカンディンスキーの作品の前から
感動のあまり動かなくなってしまったことを
ふと思い出しました。
懐かしい思い出です。

笹井


もくじ   3kaku_s_L.png   日々のできごと
   

~ Comment ~

あ~‼もうカンディンスキー展終わってたの‼ 

このチラシとってたんだけど,行きたかった~~
姉に連れていってもらった美術館で見た近代アート
スーラやカンディンスキーなど本当にいまでも興奮するくらい好き!です。スーラは小さな点を並べる手法、カンディンスキーは幾何学的な形象をと どちらも実験者でしたー!
それが凄く新鮮だったのかもしれません!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ドキ!っとしました】へ
  • 【祇園祭の雰囲気だけ(^_^;)】へ