日々のできごと

インドネシア・ジョグジャカルタ旅行記その3~プランバナン、クラトン、タマン・サリ

 ←インドネシア・ジョグジャカルタ旅行記その2~馬車で村探訪 →出産ご報告☆
いよいよ旅行の最終日
ジョグジャの町に戻り観光です。

まずはクラトン(王宮)です。
今もこの地方のスルタンがここに住むという。
このふざけた顔や蛇などは数字であり
クラトン建立の年を表しているそう。

クラトン 建立年

東屋のステンドグラス
楽器デザインと南国っぽい色調がステキです
腰にクリスという短剣を差した衛兵を見かけました。

ステンドグラス クリスの衛兵

ここではワヤン・クリッ(影絵芝居)をしていました。
古代インドの『ラーマヤナ』
音楽はもちろんガムランです。

ワヤン・クリッ2 ワヤン・クリッ1 ガムラン

タマン・サリ(水の離宮)
もちろん同じスルタンのもの。
このプールで水浴びをする美女を見て
スルタンは今宵のお相手を選んだそうな…
まるでシェエラザード『千夜一夜物語』まんまです。

美女の水浴したプール1 あっかんべー太陽の下で プール2
 
しかし、ここのサカナ像や
私の頭上に見えるあっかんベー太陽、
クラトンの建立年を表す顔や
ボロブドゥールの猿顔の獅子像
どれもこれもふざけた表情にみえる。
これも南国らしさの表れでしょうか?
ここですごくかわいい女の子を見かけました。

タマン・サリの少女 タマン・サリ

次にプランバナン寺院に向かいます。
世界一の悪名高いジャカルタに
負けず劣らずの大渋滞に巻き込まれます。
何しろ2車線に車が3列
物売り、渡ろうとする人、たまに自転車
ジャカルタではバジャイ(オート3輪タクシー)
ジョグジャでは繁華街でも
ベチャ(自転車タクシー)や
たまに観光客のアンドゥン(馬車)
そして、ものすごい数のバイク、
しかも2人どころか3人乗り
バイクより大きい荷物を載せ
田舎では小学生が運転していた…
なんでもありで
ぐちゃぐちゃに入り乱れて
本当に恐ろしい

渋滞と物売り すごいバイク
自転車の子供 ベチャ

やっとプランバナンに到着。
ふ~~

プランバナン寺院全景

こちらはヒンドゥー教寺院。
ララ・ジョングラン寺院ともいう。
ムラピ火山の火山灰に埋もれ、
地震でかなり崩壊してしまっている。

組み合わせ修理 かたつむり

この崩れた石の一つで見つけた
かたつむり
こんな貝殻のかたつむりは
初めて

ララ・ジョングラン寺院 境内

こちらも素晴らしい
レリーフや彫像がいっぱい
ナンディはシバ神の乗る象

ナンディ像 レリーフ2 レリーフ1

ここもインドネシアの子供や
学生さんがたくさん来ていました。
歴史の勉強のためだけでなく
生きた英語の勉強のために
外国人に英語で話しかける。
私も話しかけられましたが…
あまりお役に立てずゴメンナサイ
それだけでなく
インドネシアの学生さんは
外国人が大好き
一緒に写真を撮るのも大好きみたいです。
いきなり、女子学生に話しかけられ
どどど…と囲まれてしまいました。
どんどん集まってきてびっくり
ガイドさんがいなかったら
何が何だかわからず
逃げ出していたかも…
すごい勢いでした。
しかし、隣にいたのに完全に無視されてしまった
うちのダンナ
ブチブチすねてしまいました。
とってもかわいい学生さんたちでした

遠足の子供 女子学生

FINE

笹井
















 



もくじ   3kaku_s_L.png   日々のできごと
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【インドネシア・ジョグジャカルタ旅行記その2~馬車で村探訪】へ
  • 【出産ご報告☆】へ