神戸市・芦屋市のピアノ教室 『♪虹の会♪』

日々のできごと

神戸市・芦屋市のピアノ&ソルフェージュ教室『虹の会』のブログ。教室情報や日々の出来事などを更新中!

スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルザス日記(3) 

日々のできごと

メリークリスマス
虹の会の皆さん、こんにちは12月になり、ストラスブールはクリスマスマーケットとイルミネーションで街は賑やかです。先月末にはこちらで師事している山崎先生の門下発表会が街の教会であり、出演させて頂きました。ソロはショパンの舟歌、連弾はドヴォルザークのスラヴ舞曲を弾きました。街中にある小さな教会で、ピアノは古いブリュートナーで、まるで時代がタイムスリップしたかのような、何とも言えない古めかしい素敵な音色を味わいながら演奏できた事はとても貴重な経験になりました。山崎典子先生はウイーンで長年研鑽され、意欲的に演奏活動をされている素晴らしいピアニストです。そして音楽学者としてはバッハのスペシャリストです。このような経験ができたのも先生とここストラスブールで出会えたからこそであり、改めてご縁に感謝です!残りの滞在もたくさん学んで帰りたいです。

IMGP6399.jpg
会場となったサン ピエール ル ヴュー教会

IMGP6400.jpg
開演前

IMGP6416.jpg
ソロ

IMGP6423.jpg
連弾

IMGP6432.jpg
終了後、山崎先生、ピエールと

11月25日にはストラスブールの名物クリスマスマーケットが始まりました。これはは1570年から始まったそうで、すごい歴史ですね
たくさんのお店があり、クリスマスグッズや雑貨、飲食店が立ち並んでいます。
名物の飲み物はホットワインです冬のアルザスは寒いですが、飲むと温まります
マーケットは旧市街の中にありますが、昨今の情勢を反映して、旧市街に入るには荷物検査があるなど、厳重な警備が行われています。クリスマスマーケットは12月24日までです。ヨーロッパで迎える初めてのクリスマスですが、存分に雰囲気を満喫して過ごしたいと思います。皆さんもクリスマス会の時期ですね。楽しんで下さい。ちねん

IMGP6766.jpg
街のイルミネーション(ジュイフ通り)

IMGP6776.jpg
街のイルミネーション(グランド アルカード通り)

IMGP6789.jpg
クレベール広場の巨大ツリー

IMGP6779.jpg
クレベール広場

IMGP6796.jpg
クリスマスマーケット ホットワイン(ヴァン ショー)を売る店(大聖堂前)

IMG_1782.jpg
クリスマスマーケット いろんな店が並ぶ(ブログリー広場)

PageTop

音大生たちのコンサート 

日々のできごと

М・R2回生

11月6日
大阪音楽大学2回生
МО・RIちゃんがコンサートに出演しました。
ドビュッシーを演奏しました。
昨年に引き続き
大学でお世話になっている柿原宗雅先生の演奏会です。
みなさんに1年間の成長をおほめ頂き
わたしもRIちゃんもゴキゲン

音大同級生

柿原先生は私の音大時代の同級生
この日の出演者の中には
同期の娘さん、生徒さんが6名もいてびっくり
コンサート後の打ち上げはまるでミニ同窓会
一瞬のうちに時はさかのぼり・・・みんな変わっていない
ある意味、出演者たちより盛り上がっていたかも・・・
柿原先生の暖かいお人柄がわかる
ほのぼのとした楽しいひとときでした。


神戸大音楽科コンサート12-5

12月5日には
神戸大学で声楽を学んでいる
3回生TA・МIちゃん、
10日には
大阪音楽大学3回生
МО・SUちゃんもコンサートを控えて
練習に力が入ります。

МIちゃんの師匠である佐々木倫子先生
わたしの恩師、武谷安子先生門下の先輩
演奏曲は、
ルッツィ「アヴェ・マリア」とミュージカル「オペラ座の怪人」

SUちゃんはリストを2曲演奏
「森のざわめき」「ペトラルカのソネット123番」
アンサンブルコースに選抜され張り切っています。


楽しみ&ドキドキ・・・
2人とも本番がうまくいきますように


笹井




PageTop

秋のレッスン室 その2  ~ プレゼント 

日々のできごと

yちゃんと aちゃん

久しぶりにレッスン室で再会したのは
大学4年のYA・Aちゃんと
高校2年のKA・Yちゃん

Yちゃんは生徒会長さん
たまに授業を公欠して生徒会の用事で泊りがけ出張したり
夏休みにはニュージーランドに研修旅行があったり
その上、放送部の朗読部門のエースでもあり
大忙し・・・
その中でピアノを続ける努力家です。
ショパンの軍隊ポロネーズとラフマニノフを練習中

Aちゃんは卒論を終え2回の実習を終え
国家試験や就職活動の合間
半年ぶりにピアノ復活です。
大好きなリスト
なんとメフィストワルツに挑戦中
作業療法士になるための大切な1年の真只中
すごくパワフルです。
YA3姉妹の末っ子ちゃんもいよいよ社会人間近
長女МEちゃんは小児科のお医者さん
かわいい3歳の女の子のママです。
次女МIちゃんは公認会計士
新婚さんでこの度坊やが生まれました。
仕事と育児
女性として幸福ででも人生で最も多忙な時期
身体に気を付けてガンバってくださいね。

リス

美味しい焼き菓子の入ったリスちゃんを連れて
ほぼ2年ぶりにレッスン室に現われたのは
社会人1年生KA・Sちゃん
1年間のドイツ留学を経て
大阪教育大を卒業
得意の語学を生かして翻訳会社にお勤めです。
大学やドイツで磨きをかけた
ブラームスとリストを聴かせてくれました。
出来るだけ時間を作ってピアノを楽しんでもらいたいです。
高校2年のU・WAくん
Sちゃんのドイツ情報をとっても頼りにしているようです。

クリップ

これは幼稚園児T・SОくんからの
プレゼント
神戸の観光船コンツェルトに乗船してきたそうです。
「あら、だったら楠田先生の演奏聴いてきた?」
と訊いたら写真を見せてくれました。
残念・・・楠田先生じゃなっかたのね・・・
「うん?あらI・Kさんじゃない?」
なんとひとときレッスンに来ていたKさんだったのです。
私も聴きたかったな

レジェロとプレゼント

もうひとつ
この日は猫ちゃんグッズを2組も頂いた超うれしい日
大学3年のТA・Мちゃんからの
おいしいオシャレなコーヒーと
ネコちゃんクッキー
わーかわいくて食べれない・・・
Мちゃんのビシバシまじめな
バッハ平均律4声フーガとベートーヴェンソナタのレッスンを終え
久しぶりに叔母の家に行ったら・・・
ネコちゃんのぬいぐるみ
皮のベストは叔母の手作りです
ひゃー愛猫Leggiero(レジェロ)にそっくり
うれしくて記念撮影・・・
って、あれれ・・・
ほんものレジェロもしっかり参加してきたのでした。

なんだか先生冥利につきる
とってもHappyな秋のレッスン室でした。


笹井






PageTop

Happy  Halloween 秋のレッスン室その1 

日々のできごと

tさんハロウィン

sくん

Happy Halloween
街では大人たちも仮装して大騒ぎしていたみたいですね。
レッスン室にもかわいいオバケがやってきました。
幼稚園児のT・Sくんです。
レッスン室に着くまでにも何度も声をかけられたとか・・・
実はお母さんのイヤリングもかぼちゃデザインなんです。
のりのりのままでピアノを弾いて
しっかりしたいい音でずいぶん上手になってきましたね。
最後はさすがにちょっと電池切れ?でしたが 
お母さんの焼いたクッキーも、とっても美味しかったです。

sちゃん

キャンディ

ハロウィンのおやつで用意していたキャンディ
お口に ほおばり
「あ、このキャンディ、さつまいもの味がするね
すぐに気付いたグルメは
小1のN・Sちゃん
虹の会の新しい仲間です。
かぼちゃ味じゃないんだね。
レッスンでは弾くことはもちろん
学校でひらがなを習ったように音もすらすら読めるように
お友達の名前を覚えたように音符や休符の名前も覚えようと
ただいま、奮闘中です。
いつも、なんとよそいきのワンピース
はりきってる気持ちが伝わってくるようです
なかなかのオシャレさんです。

さきが楽しみな二人です。


笹井


PageTop

ポーランド日記 

日々のできごと

虹の会の皆さんこんにちはストラスブールはすっかり秋めいてきました。
夏休みにポーランドへ1週間行ってきました。日本で定期的にレッスンを受けているアンジェイ・ピクル先生が
クラクフにお住まいで、レッスンを受けてきましたそして、クラクフとワルシャワを観光してショパン
ゆかりの地をたくさん訪ねてきました。ショパンアカデミー夏季セミナーを受講しに行って以来、11年ぶりの
ポーランドでしたが、ワルシャワの街は都会化が進んでいて驚きました。でもいまだ共産主義時代の面影を
残す建物も結構残っています。第二次世界大戦でワルシャワの街はほぼ壊滅状態になってしまいましたが、
市民たちは「ひびの1本にいたるまで」といわれるほど忠実に街を復元し、世界遺産に登録されました。
そんな街を眺めながら歩いていると、熱い思いがたくさんあふれてきます。そしてショパンが20歳まで過ごした場所だけに
まさにショパンの曲が似合う素敵な国です。東ヨーロッパで田舎、どこまでも続く広い平原、ポーランドの穏やかな雰囲気、
そして情熱あふれ、芯のある力強い雰囲気、どれも大好きで私にとって落ち着ける場所であり、今回もたくさんの心地よい
パワーを浴びてきました。

知念

IMG_1031.jpg
アウシュビッツ クラクフからバスで1時間くらいの所にある第二次世界大戦中ナチスドイツの強制収容所です。
過去の負の遺産からたくさんの事を思いが溢れてきます。1人でも多くの人に訪れてもらいたい大切な場所です。
IMG_1047.jpg
ビルケナウ アウシュビッツの隣の収容所
IMG_1099.jpg
レッスン風景 受講曲はショパンの舟歌
IMG_1153.jpg
クラクフからワルシャワへ鉄道で移動 見渡す限りの平原
IMG_1187.jpg
レストランで民族舞踏(ポロネーズやマズルカ)を見ました。お兄さんに誘われ一緒にポーランド民謡を踊りました(笑)
IMG_1220.jpg
ワルシャワ中央駅近辺
IMG_2211.jpg
ショパンの心臓が眠る聖十字架教会
IMG_2218.jpg
ショパンがミサでオルガンを弾いたというヴィジトキ教会
IMG_2282.jpg
ショパン博物館は11年前は改装中だったため入れませんでしたが、今回はゆっくり堪能できました。
直筆の楽譜や使用したピアノ、デスマスクなどもあります。
IMG_2231.jpg
展望台からみた旧市街の風景
IMG_2254.jpg
市バスの後ろにはショパンの広告がさすが国民的英雄のショパン
IMG_2262.jpg
ショパンが使ったピアノ
IMG_2299.jpg
ショパンが通ったという老舗レストランでショパンが食べたというメニューを注文
これはグリンピースのスープ
IMG_2300.jpg
ポルチーニのクリーム煮
IMG_2301.jpg
鴨のロースト
IMG_2305.jpg
チーズケーキ
IMG_2303.jpg
そしてショパンもお好きだった赤ワイン(ただしポーランド産ワインはあまりないのでチリ産でした)
IMG_2347.jpg
ショパンアカデミー(ショパンが通いました)
IMG_2350.jpg
アカデミーの入口を入るとショパン像があります
IMG_2353.jpg
聖十字架教会の中にあるショパンの心臓のプレート
IMG_2317.jpg
ショパンの生家(ワルシャワから鉄道で1時間くらいのところにある村ジェラゾヴァヴォラ)
IMG_2371.jpg
ワジェンキ公園のショパン像(第二次世界大戦中ドイツ軍に破壊されましたが戦後復元されました)

PageTop

オーボエ夏季講習会参加 ハンブルクにて 

日々のできごと

ローデ教授

高2のU・Wくん
夏の終わりにドイツ、ハンブルクで開催された
講習会に参加してきました。
敬愛するオーボエスト
トーマス=ローデ教授のレッスンを受ける為です。
9日間で3回のレッスンを受けてきました。
バッハや
夏のお楽しみ会で披露してくれたハイドン
テクニックから音楽的なこと
たくさん得るものがあったそうです。

終了演奏会リハ

ハンブルクの素晴らしい環境のもと
真剣に音楽と関わる仲間とのふれあいは
これからのUくんの演奏を
大きく成長させてくれることでしょう。

ハンブルク1
ハンブルク4
ハンブルク3
ハンブルク2

最近レッスン復活した
K・Sちゃんも
大阪教育大学時代
1年間に渡り
ニュルンベルク,エアランゲンにある
F・アレクサンダー大学に留学
レッスンではドイツでレッスンを受けた
ブラームスを聴かせてくれました。
きっとレッスン室でUくんと会ったら
ドイツ談義に花が咲くことでしょう。

Sちゃん留学コンサート

知念先生が1年間滞在しているのは
フランス、アルザス地方の
ストラスブール
つい最近
ポーランドのワルシャワ、クラコフにて
ピアノのレッスンを受けてきたようです。

最近の虹の会は
ヨーロッパづいてる?
音楽の本場の空気にふれて
ほんとうにステキなことです。

笹井


PageTop

2016 夏のお楽しみ会 

日々のできごと

お楽しみ会プログラム2016

8月最初の日曜日
すごく暑~くてでも爽やかな一 日
塩屋グッゲンハイム邸にて
恒例の夏のお楽しみ会が開催されました。

グッゲンハイム邸1

クラシックはもちろん
ディズニーやジブリ
ポップスもあり
ピアノだけでなく
オーボエ、サックス
フルート、ホルン
管楽器アンサンブルあり
多彩な楽しいコンサートになりました。

演奏風景

もちろんいつもの
ワクワク抽選会で
うれしいプレゼントもGET

詳しい様子は
神谷先生担当
 ≪ 過去のイべント ≫
でどうぞ

笹井

PageTop

アルザス日記(3) 

日々のできごと

散歩中の風景です

IMG_0436.jpg
近所のパン屋さんにて、バゲットは1ユーロで中は柔らかくとても美味しいです

IMG_0445.jpg
何気ない川と、グリーンの景色がヨーロッパらしくて素敵

IMG_0438.jpg
バゲットを持ってカルフールへ

IMG_0461.jpg

近所の公園はなんだかドビュッシーのアラベスク2番のような雰囲気で大好きな散歩コースです
IMG_0444.jpg

ちねん

PageTop

2016年度兵庫県学生ピアノコンクール 7/27! 

日々のできごと

兵庫県学生ピアノコンクール、7月27日のレポートです。
A部門(小学1、2年生)と、C部門(小学5、6年生)が審査されました。

結果は…


O.MI.ちゃん! 金賞!!
HO.NA.ちゃん! 銀賞!!
TA.MI.ちゃん! 銅賞!!

出揃いました!すごい!!


2016072916573686c.jpeg
NA.ちゃん、笑顔でパチリ☆


金賞は、本当になかなか取れるものではありません。
O.MI.ちゃんがいっぱい試行錯誤して、いっぱい練習してきた賜物だと思います。

NA.ちゃんは人前で演奏するのが2回目しかもそれが大舞台という難しいチャレンジでしたが、立派に弾きあげましたね。

二人は「操り人形の一人芝居」を演奏しましたが、今回はこれが一番多かった!
だからこそ、色んな演奏があり、指導者側としても興味深く聴けました。

TA.MI.ちゃんはカバレフスキーを選びましたが、曲の本質を捉えた説得力のある演奏でした。
全体を通して聴いても、なかなかちゃんと分析出来てない演奏が多かったと思います。
その中で光る演奏でしたね。

みんな、本当におめでとう!



コンクールは終わりましたが、皆さんのピアノはこれで終わりではありません。
うまく弾けた人も、そうでない人も、コンクールに出場することで次の課題を見つけることが出来たのではないでしょうか。
もっとこういう風に弾きたい…あの人みたいに弾きたい…どんな形でも、目標を高く掲げることが、皆さんの音楽を更に飛躍させるのです。

先生たちも、そんな皆さんの頑張りを、精一杯応援していますよ。


コンクールに出場した皆さん、お疲れ様でした。


2016072916320978c.jpeg

20160729163210870.jpeg



PageTop

2016年度兵庫県学生ピアノコンクール 7/26 結果! 

日々のできごと

暑い夏がやってきましたね。
今年も、兵庫県学生ピアノコンクールに虹の会から何人かの生徒さんが挑戦しました。


まずは7月26日。この日は例年と違い、夏休み中ではなく小学校の終業式当日…
いつも年齢の若い順に審査されますが、今回は中学生部門→小学3、4年生部門という流れになりました。


D部門(中学生)の結果は…


KA.YU.ちゃん!銅賞です!!

おめでとうございます!!

持ち前の音の粒の美しさと、ダイナミックなアルペジアーレが、モーツァルトのトルコ行進曲にぴったりでした。


そして続くB部門(小学3、4年生)では…


NA.RI.ちゃん! 銀賞!!
TO.KE.くん! 銀賞!!
MA.RI.くん! 銅賞!!

みんなすごい!!!

RIちゃんが選んだのは、ハチャトゥリャンのエチュード。
難しい曲でしたが、燃えるような音楽と勢いを身体中で表現していました。

KEくんはメリカントのショパン風ワルツを演奏。
音楽に身を任せて演奏する…ということに最後は苦心しましたが、見事まとめましたね。

20160729163211044.jpeg


RIくんは…これを書かずにはいられません…。

なんと、コンクールもあと数日と迫った時に、手首を骨折!!!
先生方全員、ひっくり返りました!!
なんという不幸…誰もが心配しましたが、お医者様のご助言により、特殊なギプスを付けて、本番だけは演奏できるように配慮してくださいました。

2016072916320723f.jpeg
(お医者様の診断のもと決断しましたので、くれぐれも真似なさらないでくださいネ)

骨折した手で…それでも持ち前の美しく優しい音と流れるような音楽がメリカントのメロディに乗って、ホールに溢れていました。


20160729163206c6e.jpeg
弾けてよかったね!最後は笑顔!


賞をもらえた人も、もらえなかった人も、とにかく目標に向かってがんばりました。
今夏大きく成長した皆さんを、先生一同頼もしく思っていますよ。

D部門、B部門に出場した皆さん、お疲れ様でした!


PageTop

««

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。